2006年07月23日

AGA(男性型脱毛症)対策を薬効成分別に分類してみる.2

男性ホルモン抑制剤
AGAは遺伝によるもので、ホルモンに影響されると医学的に考えられています。
現在AGAの患者は、頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)と言う男性ホルモンが増加すると考えられていて、このDHTの生成を阻害するのが目的です。
商品例としては・・・

何と言ってプロペシアですね
プロペシアは、一般名ではフィナステライドと呼ばれ、元は前立腺肥大治療薬のプロスカーから転用されたものです。
男性ホルモン性脱毛症治療のための初のそして唯一の経口薬です。

posted by たもさん at 16:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 発毛剤・育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんばって更新するので覗いてくれるとうれしいです^^
Posted by ahimeka1999 at 2006年07月24日 07:53
AGA薄毛治療の無料モニター募集中
http://deailove.jugem.jp/?eid=61
AGA薄毛は病院で診断治療する時代!
今なら無料モニター登録で治療費が無料に。是非この機会に!

Posted by 出会いラブ at 2006年12月14日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21256615

この記事へのトラックバック

AGA(男性型脱毛症)
Excerpt: AGA(男性型脱毛症)は成人男性に多く、万有製薬がAGA治療薬プロペシアの販売を開始。AGAの症状は頭頂部の抜け毛の増加・M字ハゲなどで、プロペシア、ミノキシジル、ホホバオイルが有効。
Weblog: 薄毛父さんの育毛講座
Tracked: 2006-10-23 21:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。